道の駅や直売所セミナー、研修累計受講者数3千名超えのコンサルタント、臼井浩二とは

道の駅や直売所のセミナーや講演会など累計受講者数3千名超え。現場支援実績は200社以上。社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。行政から道の駅・直売所アドバイザーとして委嘱を受ける、コンサルタント臼井浩二のプロフィールを紹介。

道の駅・直売所セミナー
『野菜をただ売るだけでは、もうお客は来ない。客足の絶えない直販所に生まれ変わる3つの極意』セミナー ~高知県地域農業推進課さま主催

直売所 道の駅セミナー講師 臼井浩二

POPコミュニケーション代表 臼井浩二

1974年 大阪府茨木市生まれ
1996年 京都学園大学経済学部卒業
1996年 京都の呉服メーカーへ営業として入社…するもドロップアウト
1998年 ワーキングホリデーにてニュージーランドヘ
2002年 大阪の産直店入社
2007年 高知へ移住。道の駅を運営、地域産品を製造・卸販売する会社へ入社
2011年 起業(現在に至る)

臼井浩二とは
社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で販促費ほぼゼロの中、年商1億3千万円を達成。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち、アンテナショップ出店を検討する自治体からは視察が殺到。一風変わった現場経験をもとに、現在は実店舗を中心に販促を支援。現場支援実績は200社以上。自治体や農協などから依頼を受け、道の駅や直売所関係者を対象にした販促セミナーや講演など累計受講者は3千名を超える。
行政から道の駅・直売所アドバイザーの委嘱も受けるほか、高知県立農業大学校などで講義をおこなうなど担い手育成にも注力。近著『選ばれるお店』。

書籍「選ばれるお店」

社員2名、売場面積30坪の産直店で年商1億3000万円を達成した著者が明かす、選ばれるお店の秘密

実際に著者やクライアントが実践した成功事例も多数紹介。

「本質的」「読んだ瞬間から行動できる」などの読者評。中でも読者限定特典の「添削生事例」は販促のエッセンスをついた本質に迫る内容と好評。

下記をクリックすると詳しい内容をご覧いただけます

道の駅・直売所など過去のセミナー・講演実績

道の駅や直売所セミナーや講演会実績
福井県福井農林総合事務所 農業経営支援部、徳島県美馬農業支援センター、高知県地域農業推進課、山口県周南農業協同組合、津安芸農業協同組合産直部会、高知市農業協同組合、道の駅うみんぴあ大飯、大阪産業創造館、鳥取県日南町商工会、広島県世羅町商工会、大津北商工会、三重県熊野商工会議所、みえ熊野古道商工会、…その他、一部上場企業でのセミナーや研修多数

道の駅などでの主な取組実績

従業員がワクワク働きながら年商800万円アップの道の駅

地方のある道の駅へ毎月1回訪問。
約1年かけて、年商800万円アップを実現。

主に取り組んだことは、売上を上げるための売場づくり。それに連動したPOPの活用。

また顧客を飽きさせないためにシーズンごとにイベントを企画。プレスリリースをおこなう事で、全国系のテレビ番組にも多数出演。認知度と集客力が向上し、人件費を約500万円削減しながら年商800万円アップを実現した。

お店を仕切る女性支配人さんにインタビューさせてもらいました。

道の駅や直売所、出荷者セミナー・講演事例

道の駅や直売所、生産者を対象にしたセミナー・講演会のテーマ事例をご紹介します。

今日から始める、農産物がいつもより売れる販売法

30歳の頃働いていた大阪の産直店は、高知県のアンテナショップ的なお店(民間経営)でした。高知県内の数百名の生産者が、農産物や加工品を出荷してくださっていました。

そんな中、抱えていた課題の1つ。

例えば、同じナスなのに、生産者によって価格差がある。100円で出荷する生産者もいれば、こだわりの栽培法で育て200円で出荷する方もいる。しかし、2倍近く高い野菜をただ売場に並べるだけでは売れない。価格の高いものは必然的に売れ残り、廃棄ロスとなる。

「どうすれば値下げをせず、倍以上の価格でも買ってもらえるのか?」日々、悪戦苦闘していました。

その結果、気がついたのは、『商品そのものではなく、その農産物をつくる生産者をブランド化する』販売法こそが、価格が高くても購入していただける。生産者と直に取引をするお店だからこそできる、量販店ではできない最高の販売法だと発見しました。

道の駅・直売所セミナーで参加者が書いたPOP
生産者がセミナー中に書いたPOPを売場に陳列

2:ちょっとしたひと工夫で売上アップ〜袋詰め、パッキングセミナー

また産直店で勤めるなか、”売れる生産者”にはある一定の共通点があることにも気が付きました。毎月、売上上位を占める生産者は、魅せ方にひと工夫されていたのです。

例えば、野菜の袋詰め一つをとっても、他の方とは違う。「○○農園」と書かれたタグ(紙の一片)が袋の中に入っていたり、野菜の詰め方が違ったり。

そう、商品の魅せ方(袋詰めやパッキング)次第で、売上は一変します。
同じ商品であっても、ちょっと工夫をするだけで売上は倍増します。デザインとか特別なスキルがなくても、現在の手取りを今すぐ上乗せできる方法があるのです。

この考え方は、生産者の所得アップだけでなく、高齢化による生産者不足により品揃えの課題を抱える直売所や道の駅の魅力創造にも直結する取り組みでもあります。

道の駅や直売所セミナーの様子
『「農産物+アルファ」でいつもより売れる』~福井県福井農林総合事務所 農業経営支援部さま
過去の道の駅や直売所セミナー・講演会一例
・産直市での野菜の売り方講習会~パッケージ編:価格が2割3割高くても野菜がいつもより売れる”ちょとした”工夫とは?』 in 津安芸農業協同組合産直部会・『「農産物+アルファ」でいつもより売れる』 in 福井県福井農林総合事務所 農業経営支援部・『産直市での野菜の売り方セミナー~今日から始める、野菜がいつもより売れるちょっとした工夫~』 in 徳島県美馬農業支援センター・『野菜をただ売るだけでは、もうお客は来ない。客足の絶えない直販所に生まれ変わる3つの極意』in 高知県地域農業推進課

マスコミ取材・メディア掲載

臼井浩二 メディア掲載
高知新聞にて掲載いただきました
HISIX エフエム高知『プライムトーク』出演(2020年5月1日・8日)