市場出荷をなくし個人販売を目指す

「市場などへの出荷を無くし
個人販売を増やしたいです」

というお話を農家さんから
お伺いする機会が増えました。

市場(いちば)への出荷。

農協さんへの依存から脱却し
自分で直接販売できるお客さまを持ちたい。

と考えられている農家さんは
凄く多いと思います。

市場販売=下請

自分のお客さまを持つ。

これは、言い方を換えると、
「下請け」からの脱却、
とも言えると思います。

要は、自分でコントロールできる状態になる。

下請けをしていると、

  1. タイミング
  2. 価格
  3. スケジュール

すべて相手任せだと思います。

どんなタイミングで注文が入るのか?
解らないし、

価格もほぼ相手任せ。

忙しくない時期に話が来ると良いけど
そうとは限らない。

すべて相手次第。

そう、こちらで100%コントロールできない
状態です。

これだとしんどいはずです。

では、その市場出荷(下請け)から脱却し
目指す個人販売とは…

一体どんなものなのか?

少し整理してみます。

個人販売のメリット

まずは、個人販売の良いところ
メリットから見ていきましょう。

1番は、先程も言ったように、全てを自分でコントロールできる事。

メリット1:販売をコントロールできる

ここに尽きると思います。

野菜の値段も自分で決めれるし、
自分のペースで販売が可能です。

市場に出していたら、
値段は向こう任せ。

いくらになるのか?

解りません。

しかし、個人販売になれば、

「今年は収量が少ないから
これは、○○○円にしよう」

と自分で値段を決めれます。

そして、続いて2つ目のメリットが、

メリット2:直接販売できる

もし仮に天候の影響で
一気に終了が増えた場合、

「一気に収穫量が増えました。
その分、特別価格でのご提供になります
いかがでしょうか?」

こちらからお客さまへ直接販売が可能です。

これも個人販売の大きなメリットです。

そして最後、3つ目のメリットは、

メリット3:売上を想定できる

個人的にはこれは大きなポイントだと
思っています。

要は、売上の目安を立てる事ができる点です。

市場出荷に頼っていると
価格がいくらになるのか?

が解らないので、
売上金額がどれ位になるのか?
読みづらいと思います。

その点、個人販売になれば、

  1. どれ位の量を
  2. いくらで?
  3. どう販売するか?

を全て自分で決定する事が可能です。

ある意味、視方を換えれば
自分で全てを決めなきゃいけない、
というマイナスにも取れなくないですが、

やり方次第では、大きなメリットになります。

では逆に、今少し話が出ましたが
個人販売のマイナス面、

デメリットは何なのか?

良い面だけでなく、プラスには取れない
部分もいくつか存在します。

個人販売のデメリットについて、
次回お話ししていきます。

ではもう一度最後にまとめます。

市場に依存した出荷ではなく、
個人販売のメリットは何か?

1:販売をコントロールできる
2:お客さまへ直接販売できる
3:売上を想定できる

大きなポイントはこの3つになります。

では次回は個人販売のデメリットについて
みていきます。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くの販売者がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です