個人農家が野菜を販売するには何から始めれば良い?

「市場に頼るんじゃなく
個人のお客さまを持ちたい」

ご縁を頂く農家さんから
よく耳にするお言葉です。

市場へ出荷。

個人のお客さまを持つ。
(個人で販売をする)

やり方は様々ですが、
私が強くお勧めするのは、後者。

個人のお客さまを持つ事です。

前者と後者では安心感が雲泥の差
だと思っています。

稼ぐ農家の主流は個人販売

もうご存知かもしれませんが
簡単に説明します。

市場に頼るのは、簡単に言うと
農協さんへ出荷して販売してもらう方法です。

一方、個人のお客さまを持つというのは
直接お客さまにあなたがつくられた
野菜や果物を販売する事です。

農協や市場を通さないという事です。

今でこそ随分変化しましたが
以前の農家さんの販売法は、できた野菜を
農協に出荷する。

これが主流でした。

しかし今は違います。

直売所や道の駅へ出荷する。

レストランなど業務店に野菜を卸す。

ホームページをつくって
野菜の詰合せの宅配セットを売る。

すべて個人のお客さまを持って
自分自身で販売する手法です。

私の知る限り、個人農家さんで
稼いでいる人は、個人のお客さまを
持たれています。

よっぽど大規模で農業をされていないと
市場出荷だけでは厳しいと思っています。

個人販売の参入障壁

「じゃあ、農協さんへ出荷するのを止めて
個人のお客さまへシフトすれば良い」

と思うわけですが、
実際のところ、そう簡単ではありません。

私自身、大阪の産直店で働いていた時
2つのタイプの農家さんの野菜を
販売させてもらっていました。

1:農協の組合員さん

2:個人販売する農家さん

どっちが良い悪いというわけでなく
それぞれにメリットデメリットが存在しました。

農協の組合員として野菜を販売すると
手間も随分と省けます。

・売り先を探す必要がない

・農協へ届ければ野菜を販売してくれる、配達してくれる

簡単に言えば、こんなメリットがあります。

逆に個人販売で1番のハードルになるのが

『集客』

お客さまを発見する事です。

美味しい野菜は出来たけど
それを買い取ってくれるお客さまを
見つけなければいけません。

私がいた大阪の産直店では
直接、農家さんとやり取りをして
野菜や果物を買い取らせてもらっていました。

こんな風に売り先が確保できれば
安心ですが、実はそんなに簡単ではありません。

「こだわって野菜をつくっています。
販売してもらえませんか?」

近所のスーパーさんへ持って行っても
なかなか話を聴いてもらえないと思います。

現実はそんなに簡単ではありません。

個人販売に不可欠な要素とは?

市場や農協さんに頼ることなく
あなたのお客さまを持つためには
どうすれば良いか?

様々な要素が必要ですが、
1番は、

『販売力』

だと思います。

販売力というと、余りにもザックリとして
抽象的過ぎます。

なので言い換えると、例えば、

  1. 栽培のこだわりを伝える力
  2. その他大勢の農家さんの中から、あなたを選んでもらう力
  3. ずっと買い続けてもらう力…

などが必要です。

では、その販売力を身に付けるには
何をすれば良いか?

一番簡単な方法は…

地域の直売所や道の駅で
販売力を磨く事です。

お店に頼ることなく、あなた自身が
お客さまにアピールする工夫を考える。

野菜を詰めるパッケージもそうだし
価値を伝えるためのPOPもそう。

他の農家さんとの違いも伝える必要があります。

「何を、どんな風に伝えれば
自分の野菜を選んでもらえるのか?」

考えて実践する事で販売力は磨かれます。

今の時代、

「ホームページをつくってネット販売をする」

という方法もあります。

ネットを得意とされているのであれば
大いにチャンスはあると思います。

ただ一方で、知識やスキルですし時間もかかります。

ネットを得意とされていなければ
順番は後でも良いと思います。

まずは身近に、お金をかけず
今すぐできる事。

地域の直売所や道の駅で『販売力』を磨く。

「こうすれば売れる」

と解ってくれば徐々に販売範囲を
広げていけば良いと思います。

これからの時代の農業を考えると
個人のお客さまを持つ。

生き残っていくには必要不可欠な要素だと
個人的には思います。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くの販売者がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です