直売所で売れる野菜~○○を狙え!

今日のテーマは、『直売所で売れる野菜』です。

直売所で稼ぐ方法には、
大きくいうと2通りのアプローチ策があります。

  1. 売り方
  2. 売る商品

この2つです。

今日の話は、後者「売る商品」です。

あるポイントに焦点を絞ることで
売れる野菜が見つかりやすくなります。

ただ、いつも話していますように、
私自身、農業経験ゼロの人間です。

経験したのは、産直店での農産物の販売です。
ですので、今回お伝えする方も、
あくまでも、販売者視点からの話になります。

そのあたりも踏めて参考にして頂ければと思います。

新規就農でも狙える

これからお伝えする話は、
実際、大阪の産直店で体験した話です。

お客さまから引き合いの強かった野菜の話をします。

土地柄や時代の違いなどもあるので、

「あなたに100%当てはまるか?」

微妙な部分もありますが
1つのヒントになるのではと思っています。

新規就農したての方でも使えると思いますし
小規模な農業でも選択肢の1つになるはずです。

1軒しかない…○○

ちょっと想像して頂きたいんですけども、

あなたがご家族で旅行をされました。
その行き道、

「ホテルに行く前にお昼でも食べておこうか」

ホテル近くのショッピングモールへ寄りました。
駐車場に車を停め、レストラン街へ。

フロアガイドの地図を見てみると、
ちょっと変わった店舗構成になっていました。

8店舗あるうちの7店舗が洋食系のレストランです。
パスタであったり、ハンバーグを提供するお店です。

ただ、奥さま(旦那さま)は、

「胃がもたれているから、洋食より和食の気分なのよね…」

と言っています。
さて、和食のお店となると…
そのレストラン街には、1店舗しかありません。

さて、どうしましょう…

そのお店を利用されますか?
1軒しかない和食屋さんで、お昼を食べますか?

…恐らくですが、あなたの答えは、

「YES」

じゃないかと思うんです。

というのも、和食を食べたい奥さま(旦那さま)がいて、
お店は、そこに1店舗しかない。
迷う必要もなく、そのお店を利用する確率は高いですよね。

狙い目を見定める

あなたが野菜を出荷されている直売所、
どんな野菜が多く売られていますか?

ナスですか?
キュウリですか?
オクラですか?

恐らくですが、ある一定の農産物に
品目が偏っているのではないか?と思うんです。

私が30歳の頃に働いていた産直店でも
同じ状況でした。

200名近くいた生産者さん、
ほぼ皆さん似たようなお野菜を出荷されていました。

しかし、中にはちょっと変わった方もいて

他の農家さんが出していないような野菜を
送られる方もいました。

例えば、

  1. ラディッシュ
  2. ルバーブ
  3. スイスチャード…

記憶が飛んでしまい、今パッと思い出せるのは
これだけですが、とにかくちょっと他の農家さんとは違う
変わった野菜を送る生産者さんがいました。

でね、必ずと言っていい程、
そのお野菜を狙って買いに来るお客さまがいました。

…イタリアンレストランのオーナーさんでした。

レストラン向け野菜を狙う

時代や土地柄も違うので一概に、

「絶対売れますよ!」

とは言い切れませんが
レストランオーナーが欲しがる野菜も
1つの狙い目です。

そもそも、栽培される農家さんが少ない。
なので競争率が低い。

需要さえあれば、買ってもらえる確率が高いんですね。

(キュウリやナスよりも断然競争率は低いはずです)

さらに、一旦お客さまに気に入ってもらえると
リピート購入につながります。

私がいた産直店ではイタリアンレストランのオーナーが
毎週お店に来て、購入されていました。
ある時からは、

「スイスチャードは毎週欲しいから
取り置きしてもらう事は可能ですか?」

「今度、大きなお客さまの予約が入ったので
○○の野菜をたくさん欲しいんですけど、
5キロ調達してもらう事はできますか?」

こんな予約注文が入るようになりました。

さらにメリットがあって

当然お店としたら、その依頼を受けたら
生産者さんに直接連絡します。

「○○の野菜を5キロ用意してもらえますか?」

こういったレストランのような業務用になると
パッキング作業とかも省かれるので、

楽なんです。

まとまった量が欲しいので
いちいち個別包装しなくて良い。
新聞に包んで、ドカッと送ってもらえれば良い。

そんな状態です。

  1. ご近所にレストランがあるか?
  2. そういう(西洋・イタリア)野菜を求める需要があるか?…etc

色々とチェックする項目はありますが、
狙い目の1つである事には間違いありません。

特に、

  • 新規就農したて
  • 小規模に農業をされている
  • 周りの農家さんとの競争は苦手

という事であれば、
1つの選択肢となるかもしれませんね。

直売所で売れる野菜を見つけるヒントには
色々なポイントがあると思います。

「レストラン向け野菜を狙う」

これも1つの突破口になるかもしれません。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くの販売者がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




2 件のコメント

    • コメントをいただき、ありがとうございます。

      ご自身が出荷されている産直市での
      売れ筋データを調べられたいであれば
      お店に直接聞くのが1番早いですし、
      確実だと思います。

      インターネットで情報も流れていますが
      地域性やお店の状況によって
      違ってくると思います。

      私が働いていた産直店でも
      売れる生産者さんほど、私に直に
      聞いて来られていましたよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です