1玉1,000円のレモン

今日はちょっと自分(臼井)の話を書かせて頂きます。

野菜の販売ノウハウとかじゃありませんので
そこを期待される方は、
今日はすっ飛ばしてスルーして下さいね。

ちょっと息抜きされたい方だけご覧ください。

実は今わが家では、レモンの樹を植えました。

1~2カ月くらい前に
通販サイトの苗屋さんで買ったレモンの苗を
自宅の庭に2本植えています。

そもそも、突然なぜ、

レモンの苗を植えようと思ったのか?
というと、

「レモンを買うのが勿体なかったから」

です。。

毎朝、妻と私はレモン水なるものを
飲んでいます。

大きさにもよりますが、
1日1人で1個ずつのレモンを消費しています。
なので、結構な数のレモンを使っています。

さらに

「折角、健康のために飲むのだから…」

という事で、オーガニックのレモンを
選んでいるんですね。

だから、そこそこ毎月のレモン消費額もあって。

これまでは、ネット通販で購入したり
(大阪の産直店時代からのお付き合いの)
知り合いの農家さんから分けて頂いたりしてました。

が、このまま何年、何十年先も
レモン水を飲む事を考えると、

「結構な額になるよね?」と。

そこで閃いたのが、
レモンを自分で栽培する事でした。

高知県という土地柄、

「空いている土地があるんじゃないか?」
「あれば、そこでレモンを植えさせてもらおう」

と知り合いの方に聴きまくりました。
がしかし、空き土地は発見できず…。

結果、自分の家の庭に植えることになりました。

庭と言ってもスペースに限りがあるので
とりあえず、2本。
ネット通販で購入し、植えています。

「1年目は送られてきた鉢のまま育てて下さい」

という苗屋さんのご通達がありましたが、
そうは言っても、待ちきれません。

「鉢のままだと、成長が遅いんじゃないの?」

素人感丸出しの考えで、

鉢から庭に植え替えてしまいました。

現在植え替えから1週間ほど経過、
今のところ無事に育ってくれているようです。

レモンの収穫時期は、11月くらいからと聞いています。

現在のところ、樹を見る限り、
5センチほどの実が1つ。

1センチにも満たない
数ミリの実のなりかけが、4つ5つ。

このまま順調に育成してくれて

「一体何個のレモンが実についてくれるのだろう?」

と娘と水やりをしながら
指折り数えています。

経費面でいうと、2つの苗にかかった費用は、

約5千円。

今シーズン、5個のレモンがなれば、
1個1,000円の計算です。
(超極上レモンです!)

10個できれば、500円か。
(それでもまだ、いかりスーパー級ですね)

とにかく枯れずに根付いてくれることを
今は願っています。

っと、今日はちょっとした雑談話になりました。
最後までお読み頂き、ありがとうございます。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くの販売者がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です