直売所や道の駅で稼ぐ農家になるために知らないと損する『販売3ステップ』とは

直売所や道の駅で野菜を
購入してもらうには、3ステップが存在します。

これは野菜に限らず
どんな商品やサービスであっても
該当します。

どんな業種であっても
商売をするうえで本質的な部分。

表面上のテクニックは旬が過ぎれば
一瞬で効果を失いますが、
この3ステップは普遍的な威力を発揮します。

顧客3段階心理

どんな商品であっても
この3つのステップを無視できません。

  1. 目を留めてもらう
  2. 信頼してもらう
  3. 行動してもらう

この3つです。

お客さまに視点を向けてみると
理解しやすいです。

基本、お客さまは、

  1. あなたの商品に目を留めてくれない
  2. あなた(お店)の言う事を信用してくれない
  3. あなたの商品を購入してくれない

と言い換えることができると
思います。

例えば、直売所や道の駅には
たくさんの野菜が並んでいます。

今年は例外で価格の高騰もあり
売場自体に並ぶ野菜が少ないです。

しかし従来であれば、
直売所の売場には溢れんばかりの
商品が並んでいます。

キャベツだけでも数十名の生産者さんの
野菜が並んでいる。

夏場であればもっと顕著で…

ナス、おくら、きゅうり、、、
もうお店で売り切れないくらいの量の
野菜が並ぶと思います。

勿論あなただけの野菜ではなく
他の農家さんの野菜が売場の
同じ棚に並ぶわけです。

そこでお客さまがあなたの野菜に
目を留めてくれるのか?

ハードルが高いです。

何十人もの農家さんが
あなたと同じ野菜を出荷されていたら
お客さまはそちらを見る、

あなたの野菜は売場に置き去り…

という可能性も大いに考えられます。

そこで常に意識して欲しいのは、
お客さまは

「100%、自分の野菜に目を留めない」

です。

100%自分の野菜に目を留めてくれない
お客さまに目を留めてもらうには
どうすれば良いか?

絶対に気づいてくれないお客さまに
自分の野菜を気づいてもらうには
何をすれば良いか?

1点集中で考えまくるのです。

例えば、100%気づいてくれない
お客さまの目を留めるために…

他の生産者さんとは違う
野菜パッケージにする。

これも1つのアイデアです。

大阪の産直店時代、生産者さんのお一人に、
金色のバックシーリングテープで
防曇袋の封をしている方がいらっしゃいました。

異業種から就農された30代の若手農家さんでした。

金色のテープにしたから売上が倍になる

と言い切りませんが、
物凄い柔軟な取り組みだな、
と感心させてもらったのを忘れません。

少しずれますが、

そもそも正解なんていうのは
やってみないと解りません。

「これって、やった方が良いですか?」

質問される方がいらっしゃいますが
良いとおもったのなら、
何かアイデアが降ってきたのなら、

とりあえず実践してみることです。

やる前から成否を判断するのは
愚の骨頂です。

口だけ批評家のすることです。

というわけで、今日の話をまとめます。

どんな商品であっても
販売を成功させるには3ステップが存在します。

  1. 目を留めてもらう
  2. 信頼してもらう
  3. 行動してもらう

この3ステップです。

裏を返せば、お客さまは、

  1. あなたの商品に目を留めてくれない
  2. あなた(お店)の言う事を信用してくれない
  3. あなたの商品を購入してくれない

この3つの段階を経て
商品購入へたどり着くのです。

まずはステップ1、

「100%気づいてくれないお客さまに
あなたの商品に目を留めてもらうには
どうすれば良いのか?」

全力で知恵を振り絞ってください。

そして「これいいかも?」
とアイデアが閃いたなら即実行です。

時間とともにモチベーションは急落します。

何もしない・ただ出荷するだけの
先に待っているのは、

『価格競争』

です。

ぜひ、知恵を振り絞ってください。

どんな事をすれば
100%気づいてくれないお客さまは
あなたの商品に気づいてくれるのか…?

これが直売所や道の駅で
他より稼ぐ農家さんになるための
第1ステップです。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くの販売者がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です