直売所で農産物を売る最強の販売法:ライバル不在の状態で売る

直売所や道の駅で農産物を売って稼ぐ方法には、いくつかあります。
その1つが、

『ライバルのいない時に売る』

です。

簡潔にいえば、バッティングしない。
他の農家さんが出荷していない時に売る。
時期をずらして売る。

という事です。

他の農家さんが直売所に出荷していない、
という事はイコール、あなたのお野菜だけが売場にある。

必然的に、お客さまから選ばれやすくなります。

直売所の現状

キャベツ1つをとっても10人の農家さんのキャベツが売場にある。
お客さまにしたら、

「どれを選ぼうか?」

迷います。
売場の棚に並んでいるキャベツを見比べて、

「こっちの方が大きいかな?」
「こっちの方が重たいから徳かな?」
「これの方が、色がよくて美味しそうかな?」

色々と比較して、選びます。

勿論その際には、『価格』も選択基準の大きな1つです。

同じ量でほぼ同じ見た目なら、価格の安い方を選ぶ。
顧客心理としたら当然です。

しかしライバルがいなければ、比較される事がなくなります。
価格競争が消滅します。

「他の農家さんがいくらの値段をつけているのか?」

気にしなくて良くなります。
一般の相場より、1割~2割価格を高くしても文句なく選ばれます。

売れ残る心配もありません。

直売所が閉まる時間帯に、朝出荷したお野菜を引き取りに行く必要もありません。
廃棄ロスとは無縁になります。

むしろ、

「もっとお野菜はありませんか?」
「お店に今少ないので、もっと出荷して欲しいです」

お店からせがまれるかもしれません。

そう、他の農家さんが出荷していない時期に売る。
メリットが多過ぎると言えます。

廃棄するしかない…

農家経験ゼロの人間です。
ですので、いつものように販売者側の立場から言わせて頂きます。

「栽培時期をずらせないでしょうか?」

先ほどから言ってきたように、他の農家さんが出荷していない時期に売る。
これほど強力な販売法はありません。

ライバル不在で売れるのですから。

実際、私自身、大阪の産直店で野菜を販売させてもらっていた時、
同じ体験を何度もしてきました。

『稼ぐ生産者さん』は、他の人が出していないときに野菜を出荷するのです。

例えば、夏の時季なんて顕著です。
当時を思い出すだけで、胃がキュッと締めつけられて痛くなります。

夏のお店の売場には、キュウリ、オクラ、ナス…
売り切れない程の量が並んでいました。

1週間に3回高知県から大阪へ野菜を積んで走っていました。
火曜、木曜、土曜…です。
土曜日は、お客さまが週で1番多いので問題ありませんでした。
どれだけ野菜が入荷しても、売り切れるほどでした。

しかし、火曜、木曜はひどかったです。
キュウリ、オクラ、ナス。
売場にまだ昨日の残りがあるのに、また新しいものが送られてくる。
惣菜の材料に使ってもらったりしてましたが、到底お店で売り切る事ができません。

結果どうしていたか?

廃棄するしかありませんでした。
(高知と大阪なので、生産者さんに取りに来てもらうわけにもいきませんでした)

ライバルがいない時に売る

話が逸れました。

そう、野菜が直売所に溢れている時期に出荷しても、初めのうちはなかなか売れません。
お客さまにファンができると、選ばれるようになります。
しかし、最初のうちはそうもいきません。

ベテラン生産者さんに勝つことは難しいです。

かといって値段勝負もしたくありませんよね。
折角の労力と時間をかけて、育てられた野菜ですから。

であれば、他の農家さんが出されていない時期を狙って、出荷する。
ライバルが不在の状態で、売るのです。

「そう簡単に言うけど、時期をずらすって簡単じゃない」
「時期をずらした病気も起きやすくなる」
「収量も減ってリスクも高い」

勿論、色んな意見があると思います。

ただ、1つ言えるのは、ライバル不在の状態で売る。
これは最強の販売法の1つです。

農業素人の人間が言ってるので、無茶もあると思います。
畑を知らずに言っている部分もあるはずです。
ただ、売場の現場から視えている現実です。

そして実際、意図的に他の農家さんと時期をずらして野菜を出荷。
売りまくっている農家さんはいらっしゃいました。
勿論、売上は突出していました。

『ライバルのいない時に売る』

他の農家さんの出荷が多いときは避ける。
周りの時期が終わったときに販売できるようにする。

栽培法なのか?
品種を変えるのか?
苗の入手が困難なら種から栽培させるのか?

何かしら答えが見つかると、イコールそれはお店でほぼ確実に売れる野菜となってきます。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くの販売者がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です