稼ぐ農家になるために知らないと損する販売ステップその3:お客さまに『行動』してもらう方法

大阪の産直店で何百人の農家さんと
やり取りをしていて分かったことがあります。

それは、

『稼ぐ農家さんには一定の共通点がある』

という事です。

意図してなのか?
自然となのか?

は解りませんが、いわゆる

売れる農家さんがやっている事は
ほぼ共通しています。

野菜の魅せ方、販売法、

ほぼすべてにおいて一定の
共通点があることが判明しました。

今回は、

『直売所や道の駅で稼ぐ農家になるために
知らないと損する販売3ステップ』

としてご紹介しています。

これまで、

稼ぐ農家になるために知らないと損する販売ステップその2:お客さまに『信用』される方法

2018.01.24

直売所や道の駅で稼ぐ農家になるために知らないと損する『販売3ステップ』とは

2018.01.22

とお伝えしてきました。

今回はステップ3、
お客さまに『行動』してもらう、です。

以前からお伝えしているように

お客さまは100%行動してくれません。

例えばあなたが電器屋さんへ行った時の事を
思い出して頂きたいのですが。

洗濯機を探しに行った。

売場を一通り見た。

店員さんが近寄ってきて
一通り説明をしてくださった。

あなたも何となく目ぼしい商品が見つかった。

店員さんもすかさず、

「今ならこれくらいの価格で提供できますよ」

押しのひとことが入った。

そこであなたが店員さんに
どんな言葉を発するか?

「考えてまた来させてもらいます」

とか言いませんか?
言った事ないですか?

…そう、お客さまは行動してくれないのです。

財布をなかなか開いてくれないのです。

では、これまでの3ステップを踏んで
お客さまが、

  1. あなたの商品に目を留め、
  2. あなたのお勧めを信用してくれた

そんなお客さまに行動してもらうには
どうすれば良いか?

様々なやり方がありますが、
例えば、

『理由』

をつくってあげる
というのも1つの方法です。

買おうか、どうしようか迷っている

お客さまに購入をあと押する理由

示してあげるのです。

例えば、パッケージもそう。

野菜を防曇袋に袋詰めする際に
(例えば「○○農園」と書かれた)小さな1枚の紙を
同梱するだけで売れやすくなる、

という話は再三ここでもしています。

実はこの紙を入れる効果は
お客さまの目を留めやすくするだけでなく

他にも大きな威力を発揮するのです。

例えば、

「○○農園」

と書かれた小さな紙が入った
野菜を見つけたお客さまはそこで
どう感じるのか?

「丁寧に野菜を扱われているな」
「大事に野菜を作られている方なんだろうな」
「きっと丁寧に野菜を栽培されているに違いない」

そんな風に思うはずです。

いわば、

売られている野菜の姿を見て
生産者さんの人柄を判断しているのです。

さらにもっと言えば、
そこで感じる人柄を通して、

「この人は手をかけて栽培をされている」

っと、そんな事まで
想像を膨らませているのです。

勿論全員のお客さまがそうとは言いませんが
そういうお客さまがいるのは事実です。

産直店で働いているときに
お客さまとやり取りする中で判明した現実です。

ここから何を学べばいいか?

野菜の袋詰めに手をかける。

「○○農園」
「旦那と喧嘩しながら毎日育てています」

たった一言で良いので小さな紙1枚を
入れることで、
あなたの野菜を買った方が良い

『理由』になるという事です。

何十人もの農家さんがつくった
野菜が並ぶなか、あなたの野菜を選んでもらう
大きな決め手となるのです。

あなたが買ってもらう相手は
100%行動してくれないお客さまです。

そのお客さまに野菜を手に取ってもらい
買い物かごに入れて
レジまで行ってもらうには、

「あなたの野菜を買う理由をつくってあげる」

その具体的な方法の1つが、

小さな1枚の紙を入れる事です。

何もしなければ
売場で最安値の野菜から売れていきます。

価格で勝負したくない、

と思われているのであれば
あなたの野菜を選ぶ理由を示してあげてください。

たった1枚の紙が
売れる、売れないの結果を大きく
変えるかもしれません。

以上、ここまで

「直売所や道の駅で稼ぐ農家になるために
知らないと損する販売3ステップ」

をお伝えいたしました。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くの販売者がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です