脱サラした素人が直売所や道の駅で野菜を売りまくる方法

脱サラをして農業を始める方が
私の周りにも結構いらっしゃいます。

そして販売法を試行錯誤されています。

既に農業をされている先輩に質問すると、

「農業はそんなに甘いものじゃないよ」
「そんなに簡単に野菜は売れないよ」

ネガティブ的な回答が返ってくる
ケースって結構多いです。

そこで今回は、脱サラした素人の方が
直売者や道の駅でどうやって野菜を
販売していけばいいのか?

売れる方法をお話しします。

野菜も売り方次第

農業経験ゼロの人間がこんな事をいうと
お叱りの意見があるかもしれませんが
敢えて言わせてもらいます。

売り方次第で、販売量は一変します。

同じ野菜を売っていても
ちょっといつもと違う売り方をする。

そうするだけで、売れ行きが倍増したり、
というのは日常茶飯事です。

逆に販売方法がまずいと
売行きは全く伸びません。

勿論、野菜の品質が高い方が良いのですが、
ある一定の範囲までは、
販売力で売れ行きをカバーできる、

自身の経験からそう実感しています。

新規就農者の野菜が売り切れ連発

30歳の頃働いていた産直店では
新規就農者さんの野菜も販売させてもらっていました。

それこそ、お仕事をリタイアされて
農業を始められた、という方もいらっしゃいました。

農業1年目の方のお野菜も販売させてもらいました。

売り方を工夫すれば、
全く問題なく売れました。

「農業1年目だから…」
「農業素人だから…」

という理由で売れなかったことは
一度もありません。

というかむしろ、それら上記の点が
農家さんの個性になって、
売行きを後押ししていたといえます。

安い野菜が選ばれる理由

産直店で新規就農者さんのお野菜を
販売する時に最も意識していた事は何か?

それは、

『個性』

を創るという事です。

他の生産者さんと同じ…では売れません。

残念ながら、野菜という商品は
見た目的な違いを出しづらいです。

「どんな葉っぱを付けた野菜が
美味しいのか?」

「どんな葉っぱの色の野菜が甘いのか?」

素人であるお客さまには解りません。

スイカを買う時に、人差し指でコンコン叩いて
その音を聴いて商品選びをされる、
お客さまをたまに見かけますが、

お客さまの野菜に対する知識は
それ位のレベルです。

ある意味、野菜を選ぶ際に苦労しているのです。

何を買えば良いのか分からないなから
結局は価格の安い物を買う。

こんな状況です。

逆に言えば、多少周りより高くても選ばれる
理由を創ってあげれば売れるのです。

高くても売れるカギは、個性

他の農家さんより1割、2割価格が高くても
買ってもらえる方法があります。

それは、『個性』を創ることです。

「…ん?個性って一体何?」
「どうやって創れば良いの?」

と思われるかもしれません。

個性を創るうえで最も簡単な方法を、
1つお伝えすると、それは、

あなたのキャラクターを伝える事です。

「あなたという人間が、どんな人間なのか?」

をお客さまに伝えるのです。

解りやすく言えば、例えば

  1. あなたは何故、農業を始めたのか?
  2. 農業をしていて嬉しい瞬間は?
  3. 農業をしていた大変な事は?

あなた自身を伝える事です。

自分自身を伝える事が
野菜の販売にどう直結するの?

と疑問に思われるかもしれません。

でも、ここがポイントなのです。

商品のこだわりを伝えるのも大事です、
ただ、それ以上にお客さまが求めているのが

『あなた』に関する情報です。

商品に関するこだわり情報は
お客さまにしたら、チンプンカンプンな所も
ありますし、若干聞き飽きてもいます。

それよりも、そのお野菜を栽培されている方が
どんな方なのか?

こっちに興味があるのです。

脱サラをして農業を始めたて。
新規就農者さん。

農業技術で他の生産者さんとの
差を出すのって、ハードルが高いです。

しかし、そんな農業経験の少ない方でも
互角以上に戦える武器があります。

それが、『あなた』を伝える事です。

あなたを伝えることで
他の農家さんとの差別化にも繋がります。

商品で違いを出すのが難しければ
野菜を栽培されている『人』で
選んでもらうのです。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くの販売者がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です