60%の確率で廃業

商品を売る力
自分を売る力、

この2つの『販売力』が
私たちには必要不可欠だと思っています。

ご商売の有無関係なく
お勤めの方も同様です。

…いつ?

…どこで?

…今の仕事を失うのか?

解らないのが今の時代だと思います。

会社の事情…
ご家族の事情…
体力的な問題…

5年後、10年後も今の仕事を継続できるか?

100%自信を持って
「YES」と言えればOKですが
そうでない場合も多いと思います。

以下のご質問を頂きました。
===============
臼井さんは大学校でどんな事を
教えられているのですか?

自分は大学に行ったことがないので
想像できないのですが…
===============

2年前から地元高知県の
県立農業大学校で講義をさせて
もらっています。

「生徒たちに何を教えているのか?」

大学で講義をする目的、
それこそが

『販売力』

を養うためです。

『商品』を売る力、
『自分』を売る力を養成する方法です。

今の農業は販売力がないと稼ぐのが厳しいです。

以前であれば、収穫した野菜を
農協さんへ出す。

卸売市場で売ってもらう。

これが農業の一般的な
販売スタイルでした。

しかし現在は市場に出しても
値段を叩かれ収益を稼げません。

TPPの問題もあります。

こだわった野菜をつくれば売れる
という時代ではなくなっている気がします。

自分で顧客をもち
自分で販売をする。

これが今の

稼ぐ農家さんのスタイルです。

「まぁ、うちは農業じゃないし…」

と思ってしまうのは早計です。

どの業界でも似たり寄ったりの
状況だと思います。

会社勤めであっても、です。

恥をさらすようで、みっともないのですが
私はこれまでフラフラ転職を繰り返し
5つの会社で勤務しました。

そのうち3社はもう残っていません。

事情は様々ですが

会社やお店は『無くなり』ました。

個人的な意見ですが
国の「法改正」や「規制緩和」で
競争が激化する業界は益々増えると思います。

過去を見れば、酒屋さんも
規制緩和で厳しくなりました。

現在は、調剤薬局業界も
法改正できつくなっているようで
ご相談もよく頂きます。

今日の話は何だか脅しに
聴こえるかもしれませんが、
これが現実だと思います。

5年後、10年後も
今の仕事を継続できるか?

自信を持って「YES!」と言えればOKです。

しかしそうでないのなら
今動いておかないと…だと
私自身が感じています。

繰り返しになりますが
私が働いていた会社の6割が
もう今は存在していません。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くの販売者がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です