野菜の値段は誰がつける?

以下のご質問を頂きました。

野菜を売るにはどうしたら
良いのでしょうか?

近所の直売所や道の駅で売る場合
誰が値段を決めるのでしょうか?

ずばり結論からお話しします。

野菜の価格の決定権を持っているのは
ご自身です。

あなたが好きな値段をつけて
直売所や道の駅で販売できます。

(※お店で販売するための手続きの話は
割愛しますね)

ご自身で好きな値段をつけて
シールを貼って売る事ができます。

ただこの値段のつけ方で1つ注意点があります。

野菜の値段のつけ方

インターネットの書き込みを見ていると、

「直売所では値段を安くしないと
売れないです」

「まわりの農家さんの値段より
安くして値段を付けましょう」

といった情報が溢れています。

『直売所での野菜販売』
=『値段を安くしないと売れない』

この図式って、果たして本当なのでしょうか?

個人的には少し違う意見です。

上記の話は、ごく一般的には該当します。

安くした方が売れやすいですし
周りの農家さんの値段との駆け引きも
必要かもしれません。

しかし、

『値段を安く売る』

という思考に凝り固まってしまうと
将来的に厳しいと思います。

選ばれる理由

直売所にはたくさんの農家さんが
野菜を出荷されています。

家庭菜園者からすれば
周囲は経験も豊富な、技術的にも
優れたベテラン農家さんばかりです。

「到底そのような皆さんと
肩を並べて野菜を売るなんて…」

と思ってしまいがちです。

「値段を安くしないと売れない…」

という気持ちになっても
仕方ないと思います。

ただ初めのうちは良いにしても
値段を先行させて
お客さまに選んでもらう。

「値段が安いから買ってもらう」

という販売方法には、
前述のとおり継続しづらいと思います。

なぜか?

価格競争はキリがないから

です。

価格以外の価値を伝える

例えば、あなたがキャベツを
100円で売っているとします。

そこへ周囲の農家さんが90円で売り出した。

キャベツの売れ行きが以前に比べ
鈍り出した。

「100円じゃ、高いか?
90円より安くしないと買ってもらえないか」

という思考になる。

80円にすれば売れるのか?

…たしかに売れるでしょう。

じゃあ今度他の農家さんも負けじと
70円の値段をつけてきたら、どうしますか?

「臼井さん、そうは言いますけど
それが現場の実情ですよ」

「安くしないと、やっぱり売れません」

確かにそうかもしれません。

しかし私自身、お店の販売者だった
立場から言わせてもらうと、

販売法に工夫をする

のも1つの方法です。

たとえ他の農家さんよりも
価格が高くても買ってもらえる
その為の方法になってきます。

POPを付けるのもそう。

野菜の袋の中に
1枚の小さなタグ(メモ書き)を入れるのも
1つの工夫です。

何かしら工夫を仕掛ける事が

『価格以外で選ばれる』ための

販売法に直結します。

理想論に聞こえるかもしれませんが
価格で選ばれても、
その状態は長くは続きません。

儲けが無くなれば、コスト的にも
モチベーション的にも持続しないと思います。

話をまとめます。

直売所や道の駅で野菜を売る際に
値段を付けるのは、出荷者である
あなたご本人です。

ただその値段の付け方にも
工夫をされると良いと思います。

価格以外で選ばれるその工夫、
手書きPOPはこちらで学べます(無料)

『手書きPOPの書き方マニュアル』

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くの販売者がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です